kakuteishinkoku_pictbox

クリエイターで副業している方のための確定申告のコツ

今年も確定申告の季節がやってきました。LINE Creators Marketでスタンプを販売しているクリエイターさんや会社員をしながら副業で一定の所得を得ている方は確定申告が必要ですね。

今日は気になる確定申告情報をまとめました。ご参考にしていただければ幸いです。

平成27年分(2015年)の確定申告の期限

平成28年(2016年)2月1日(月)から3月15日(火)

確定申告とは

前年の1月1日~12月31日までに得た収入を、3月15日までに税務署に副業分の確定申告書を提出します。確定申告をすると、税務署からお住まいの市区町村に自動的に住民税額が通知されます。

副業で確定申告が必要なパターン

  • 前年の1月1日~12月31日までに副業で20万円以上を得た場合
  • 給与を1か所から受けていて、他の所得金額(収入から経費を除いた額)が年20万円を超えている。
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をしていない給与を含む所得金額(収入から経費を除いた額)の合計が、年20万円を超えている。(※詳細は国税庁のウェブサイトをご確認ください。)

副業所得に係る住民税徴収方法の選択

確定申告書2枚目の「住民税に関する事項」で「給与から差引き」を本業の住民税にプラスして副業の住民税額が上乗せされた税額が会社に通知されます。「自分で納付」を選択した場合は自宅に住民税の納税通知書が届き6月以降に自分で支払うことになります。

確定申告に必要な書類

個人事業主登録をしている場合、そうでない場合で異なりますが、概ね下記の準備が必要となります。

  1. 確定申告書※住所地の所轄税務署もしくは国税庁のウェブサイトで、確定申告書を手に入れる、e-Taxを利用してオンライン作成も可能ですが別途事前準備が必要。詳細はこちら
  2. 本業の源泉徴収表
  3. 控除証明書
  4. 副業収入の明細
  5. 経費の領収書

確定申告の方法

記載方法などに困ったらお住まいの自治体の商工会議所や税務署の相談窓口に相談するのが良いでしょう。しかし、確定申告期限が近づくにつれ、問い合わせが増えることが予想されます。早めの対応をおすすめします。

  • 2~5を準備
  • 1の確定申告書を手に入れる
  • 確定申告書を作成する(e-Taxまたは税務署)
  • 確定申告書を提出する
  • 確定申告完了

困ったときは?

インターネットでも確定申告に関してさまざまな情報が入手できます。経験者の方によるブログ記事や、税理士事務所のウェブサイトなど情報源はさまざま。しかし、万全を期すには、早めに対応を始めるのが一番でしょう!

困ったらお住まいの自治体の商工会議所や税務署の相談窓口に相談するのが良いかもしれませんね。