求人バナー850b

仲間求む!Pictboxブログライター

pictbox_logo_texts

何をやっているのか

Pictboxは2016年で設立6周年を迎える絵本・イラスト・写真・マンガ・スタンプが投稿できるオリジナル作品クリエイターコミュニティです。Pictboxは元々オリジナル絵本投稿コミュニティとして公開されました。

pictbox_before

絵本を書いたことがなくても気軽に自作の絵本を投稿できるので、絵本作家だけでなく、絵本を発表したことのないイラストレーターも絵本を発表できるようになり、数多くの絵本作品が発表されました。人気のあった作品やコンテストで上位を得た作品の一部は現在『森の絵本館』という絵本読み放題アプリで配信しています。また、Pictboxでの活躍をきっかけに弊社諸サービスでのお仕事をお願いすることになった方々もいます。

このように展開しながら、Pictboxは2015年に全面リニューアルを行いました。

pictbox_after

全面リニューアルにより絵本だけでなくイラスト・スタンプ・写真・マンガも投稿できるようになり、動画以外全ての形式で作品を投稿できるようになりました。様々な形式でオリジナル作品を作っている全てのクリエイターが作品を投稿できるようになりました。

なぜやるのか

Pictboxは「クリエイターの活躍支援」を活動理念・ミッションとしています。

Pictboxに作品を投稿するとたくさんの人々に作品を見てもらえます。閲覧者の反応やコメントには、独りでは気づけない視点やさまざまな評価が含まれています。また、自分の作品を好きになってくれる人を見つけることもできます。

同時にPictboxはクリエイターの創造性や独自性を求める企業や団体との接点を作りクリエイターの活躍の機会を生み出します。コンテストによりクリエイターの作品が認められたり、優秀作品に選ばれた場合は賞金などの褒賞に加え、作品が商品に採用されるような企画を行います。

thermomug_pictbox_1

これらにより、また未だ形になっていないことも含めた様々な取り組みによって「クリエイターの活躍支援」を推進します。

どうやっているのか

PictboxメンバーはPictboxに投稿された作品を全て見ています。毎週Pickup作品を選定したり、注目を集めそうな作品やクリエイターをPictboxブログやPictboxのTwitter/Facebook/Instagramで紹介します。

コンテストやPictboxとのコラボレーションに興味のある様々な企業・団体の方々とお話をしながらクリエイターの活躍につなげられる企画を日々検討しています。

Pictboxのウェブサイトの使い勝手の改善や機能の追加もサービスを使うクリエイターからの要望や利用動向に関するデータを確認しながらスピーディーに実施しています。

またPictboxブログでは話題の展示会情報、注目のクリエイターのインタビュー記事、話題の作品に関する情報を配信しています。クリエイターが自身の作品を販売したり発表するイベントにも訪問し、クリエイター本人とのお話も積極的に行っています。

こんなことをやります

Pictboxでは、Pictboxブログで様々な記事を書いてくれるライターを募集しています!

アートやクリエイティブが好きな人、ギャラリーや美術館でさまざなな作品を見るのが好きな人、自分がおもしろいと思ったことを他の人に伝えるのが好きな人、ぜひPictboxブログを読むクリエイターのために記事を書いてください!

下記の画像をクリックしてご応募ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

求人バナー850b