artlessons_pictbox

オンラインアート講座で立方体が上手く描けるようになった!Part2 [PR]

※当記事はPictbox事務局スタッフがオンライン絵画教室「ArtLessons」を実際に体験しそれをレポートする記事です。

12月も残り数日となりました。もう冬休みを満喫している人もいらっしゃるのでしょうか?もう冬休みが始まっている人、これからの人、冬休み関係ないよという人すべての人に送るPictbox事務局のリアルな体験をご紹介します!

オンライン絵画教室「ArtLessons」を受講したら立方体が上手く描けるようになった!気がする・・・

今回は「デッサンの基礎」にあるたくさんのプログラムから「立方体を描く」を受講しました。受講したといっても「ArtLessons」は自分の時間のある時に受講できるので、24時間いつでもできますよ。

Pictbox事務局スタッフで基礎を勉強しないといけないのは誰だ!?

立方体を描くことになったのは2人。先ず最初は、キャラクタープロデュースがしたくて当社の門を叩いた新人デザイナーOKA。そして2人目はPictbox事業責任者であり当ブログの主筆であるマサ。OKAはデザインの勉強中なのでやる気満点。マサはデッサンするのが15年ぶりでびびっている様子。そんな2人が受講しました。

早速立方体を描いてみよう!

受講前と受講後で作品がどう変わるのかを検証するため、先ず何も勉強しない状態で立方体を描いてみました。

OKAの立方体 ビフォー

artlessons_oka_before

マサの立方体ビフォー

sugiura_artlessons_before

マサが自ら辛口批評!

“OKAはいいところついてるけど、ディテールが甘いので立方体感が弱い。マサはよくがんばった、でもぜんぜんダメだね・・・。”

2人とも基本やコツがわかればもっと上手く描けそうです。今回受講する「立方体の描き方」コースはそのような基本や考え方、また細かなコツも教えてくれるようなので、2人の作品がどう進化するのか興味深々。さっそく2人の作品を見てみよう!

ArtLessonsを受けてどうなった?

artlessons

受講後には「受講済み」そして「済」マークが付与されます。勉強した実感が湧きます。

それではパワーアップした2人の作品をご覧ください。

OKAの立方体 アフター

artlessons_oka_after

マサの立方体アフター

sugiura_artlessons_after

マサが自ら辛口批評!

“OKAの作品は立方体の特徴がより的確に捉えることができているね。鉛筆での濃淡のつけ方や影の取り入れ方が大きく進歩している。マサは別人が書いたのかと思うほど。30分弱の短い勉強でこれほど変わるのかとびっくり。でも形がいびつなのが気になる。まだまだ!”

ビフォー&アフターをまとめて見ると・・・

artlessons_before_after

受講した感想を聞いてみた!

「ArtLessonsを受けてみて、ArtLessonsのどこが良いと思う?」

  • 動画なので途中で停止したり、過去に見た部分を飛ばしたり、自分のペースで受講できる
  • 所要時間や講座内容が事前にわかり、都合の良い時間に受講できる
  • コースの速度がいい(自分ではだらだら長時間かけて描くことが多い)
  • 説明が分かり易い

「今回は何が勉強になった?」

  • 被写体を構成する線・点・面をちゃんと考えることが重要だということ
  • 濃淡の異なる鉛筆を用途によって使い分けること
  • 立体を描く心得と正しく描く方法(今までは勘で描いた部分が多かった)

ArtLessonsの「立方体の描き方」はOKAとマサにとって、とても勉強になったみたいです。次回は別の被写体でレポートいたします。

みなさんも冬休みのようにまとまった時間がある時やランチ時間などの隙間時間にArtLessonsを受講してみてはいかがでしょうか?

ArtLessonsについてもっと知りたい場合は下記からArLessonsのウェブサイトをご確認ください。