chaguma_line_pictbox_blog

新しい出会いに超便利 LINE新スタンプ 「茶ぐま」デザイナーにインタビュー!

Pictboxを運営するアイフリークモバイルで、新たに「茶ぐま」スタンプをLINEクリエイターズマーケットでリリースしました。

今回は「茶ぐま」スタンプのデザイン・制作を担当したokaちゃんに、キャラクター企画やデザインをした時の学びを聞きましたよ。LINEスタンプをこれから企画したり、デザインする人にも参考になる内容です!ぜひご一読ください~。

インタビューされる人の紹介「okaちゃん」

okachanriookaちゃん。ayakaのアシスタントとしてキャラクターデザインを担当。毎日Stapa!SNSアカウントで配信する様々なキャラクターコンテンツを制作。ディズニーが大好きでディズニーシーの年間パスも持ってるよ!

 「茶ぐま」

茶ぐま LINEスタンプ

—「茶ぐま」の企画はどのように始まりましたか?

okaちゃん キャラクター開発会議を毎週やっているのですが、ある会議の際に先輩デザイナーのayakaさんのメモに「お茶を持っている」キャラクター的なことが書いてあったんです。そこからみんなで企画を膨らませたのがスタートでした。

—なぜお茶のキャラクターにしたのですか?

okaちゃん お茶って、例えば緑茶、煎茶、そしてほうじ茶などいろいろな種類がありますよね。たくさんのお茶があって、季節や機会によって楽しみ方や飲み方も異なって、また毎日接する飲み物なので、スタンプにしたらいろんなことができるねと、皆で盛り上がりました。

今回は企画から制作を一貫して担当したとのことですが、具体的にどのようにスタンプを作ったんですか?

okaちゃん 先ず、企画会議で膨らんだアイデアを「キャラクター設定シート」としてまとめました。スタンプで活躍するメインのキャラクターを4体と決めた後、各キャラクターの手の大きさ、足の長さ、身長など詳細なボディー構成を決めていきました。同時にキャラクターのボディの色、服装なども細かく設定しました。個別スタンプを制作する前にキャラクター設定をしっかりしました。

キャラクター設定は重要ですね?

okaちゃん はい。実はアイデアの着想からキャラクター設定までを一貫して担当するのは、今回が初めてでした。キャラクター設定を完成させるのは簡単ではありませんでしたが、キャラクターの設定を細かく決めていく中で、キャラクターの特徴が自分の意識にも染み付きました。そのおかげで、40点のスタンプを制作するときに、キャラクター描写がぶれず、ayakaさんの修正指示の数もいつもより少なかったかなと思います(笑)。

40点の中で最も制作に苦労したスタンプはどれですか?

okaちゃん 「残念」のペコリの耳の形です。大きさや、耳の場所など、しっくりくるのを見極めるために何パターンも描きました。

茶ぐま LINEスタンプ 修正指示

茶ぐま LINEスタンプ 修正指示シート

40点の中で最も愛着のあるスタンプはどれですか?

chaguma_line_stickers_oyasuminasai_pictboxokaちゃん 「おやすみなさい」です。もちろん全てのスタンプに愛着はありますが、自分の中では「おやすみなさい」の文字、背景のイラスト、お茶碗に入った茶ぐまのバランスが好きです。

LINEユーザーにはどう使ってほしいですか?

okaちゃん 「茶ぐま」がLINEのクリエイターズマーケットで販売開始になるのが入学・入社・新たなスタートのシーズンです。LINEを最近使い始めた人や、学校や職場で新たに出会った人とのコミュニケーション時など、「LINE初めてセット」のような感じで使ってほしいです。毎日使えるあいさつや、どんな人とも使い易い表現を盛り込みました。ぜひたくさんの人に毎日「茶ぐま」スタンプを使ってもらいたいです!

ありがとうございました!いろんな展開ができそうなキャラクターでわくわくしますね!第二段も楽しみにしています!

「茶ぐま」をLINEで使うには下記からダウンロードしてください。

btn_早速投稿する!